SkechBlog

スケッチブログ

【US・UK・EUR】日本サイズだと何センチになるの?

こんにちは!ともふみです!

今回はサイズの話をしていきます!

【US】とか【UK】とかややこしいですよね!!!

f:id:reborn-change:20210918190352j:plain

サイズ表記がややこしい!

皆さんはスニーカーを買う時に「US8って何㎝?」ってなったことありませんか?

 

実は「㎝」という表記は世界的に見ると標準じゃないんですよね。

 

「US」「UK」「EUR」など様々ありますが実際に見てみましょう。

f:id:reborn-change:20210918171242j:plain

こんな感じで色んなサイズ表記があります。

特に海外ブランドなんかは「US」や「EUR」表記が多いですかね。

 

これはスケッチャーズの外箱の表記ですが、「cm」表記があるだけ良心的です。

それではもう少し詳しく解説してきましょう。

 

USサイズ

アメリカブランドの主流である「US」サイズ。

この「US」は「USA」の「US」です。

 

こちらは単位でいうと「インチ」サイズです。

1インチは約2.54㎝メートル。

 

私は26.0㎝なんでUS8を購入することが多いです。

 

8×2.54=20.32

 

????

 

という謎の現象が起きます。

 

これはサイズを採寸する際の「起点0」が違うからです。

意味がわからないですよね。

 

大雑把に説明すると日本の「cm」はかかとの端を「起点0」とし、そこから1㎝ごとに1、2、3、4とカウントしていきます。

したがって「26.0」はかかとの端から「26.0㎝」ということです。かなりシンプルな表記ですね。

 

しかし「US」を始めとするサイズ表記は「起点0」がかかとの端ではないのです。

「US」ではかかとの端から「4-1/12インチ」が「起点0」となっています。

 

そして1/3インチごとにワンサイズアップ。

つまりサイズが1上がると約0.8㎝ほど大きくなると思ってください。

 

そしてサイズが「13」になった時、次のサイズは「1」に戻ります。

これが前提となっています(長い)

 

実際に計算してみましょう。

1インチを2.5㎝とした場合、US8のサイズは

 

(4–1/12)+(13×1/3)+(8×1/3)=10.9

10.9×2.5=27.25

 

となり捨て寸を1㎝とした場合、足の実寸が「26.25㎝」ぐらいの方がジャストサイズと言えるでしょう。

 

自分の足のサイズを知りたい方はこちらの記事もご参考に。

www.skechblog.com

 

ということで足の実寸が「26.0㎝」ぐらいの方は「US8」で問題ないということです。

 

しかしさらに問題が。

それはレディースです。

 

USサイズはメンズとレディースで「起点0」が違うのです!

 

メンズの「起点0」は、かかとの端から「4–1/12」インチの場所でしたが、レディースはさらに「-1/3」になります。

1インチを2.5㎝とした場合、約0.8㎝ほど変わってきます。ほぼ1㎝の差。

 

つまりUS8は、メンズで26.0㎝、レディースで25.0㎝となるわけです。

 

これは本当に注意していただきた。

 

誰だこれを考えたやつは!

 

UKサイズ

UKサイズはその名の通り、イギリス発祥のサイズ表記です。

そもそもの原点はこのUKにあるわけです。

このイギリスが「起点0」を「かかとから4インチ」に設定したのが全ての元凶。

これのせいでややこしくなってるんです。おいこら!

 

すいません、乱れました。

 

UKサイズはUSサイズよりもう少し優しいです。

 

考え方はUSと同じで異なるのは「起点0」がかかとの端から「4インチ」のところに設定されています。

先程のUSは「起点0」が「4-1/12」だったので㎝でいうと「0.8㎝」ぐらい変わってきます。

 

同じくUK8で計算してみると

 

4+(13×1/3)+(8×1/3)=11

11×2.5=27.5

 

となり少しUSよりも大きくなります。

 

なのでワンサイズ下にしてみましょう。

ハーフサイズは1/6インチ、約0.4㎝です。

 

4+(13×1/3)+(7.5×1/3)=10.8

10.8×2.5=27

 

捨て寸を考慮すると、足の実寸が26.0㎝の人にジャストとなりました。

 

したがって26.0㎝の方は「UK7.5」にするべきでしょう。

 

EURサイズ

最後はEURサイズです。

EURは実はインチよりセンチに近いです()

 

というのもEURサイズは、インチでなくセンチが基準となっています。

 

EURの1は「2/3㎝」、そして「起点0」は㎝と同じくかかとの端です!

なのでワンサイズアップすると約0.67㎝大きくなるということ。

 

計算も超簡単!

 

41×0.67=27.47

捨て寸で1㎝引いて26.45㎝、US8とほぼ同じということになります!!!

 

おそらく海外のブランドではEUR表記が一番多いので、困った時は参考にしてみてください!

 

結局はブランドによって異なる

ここまでややこしい計算もしてきても変え難い事実があります。

 

それは同じ「US8」でもブランドによって違うということ。

 

元も子もないですね。

ですがこの考えは非常に大事。

つまり先入観を持つべきではない、ということです。

 

必ず試着して買いましょう!

正しいフィッティングの方法はこちらをご覧ください。

 

www.skechblog.com

 

ということで今回は、スニーカーのサイズ表記の秘密について解説しました!

BRAは勘弁してください。。。