SkechBlog

スケッチブログ

新型コロナウイルス、自宅療養が終了しました。

こんにちは!ともふみです!

8月28日、この日を持ってともふみの自宅療養は終了となります。

今回は新型コロナウイルスに感染し、無事に完治した私の話をしていきます。

 

 

 新型コロナウイルスに感染

 

8月18日、新型コロナウイルスの陽性反応が出ました。

詳しい経緯はこちらの記事に書いています。

 

www.skechblog.com

 

症状をまとめます。

 

39℃近くの発熱が2〜3日続く

頭痛、喉の痛み

倦怠感

 

これだけ見れば確かにただの風邪ですね。

イメージとしては、ただの風邪のマックスの症状が2〜3日続いても軽症中の軽症と捉えてもらって大丈夫です。

 

私は咳などの症状がありませんでしたので、そこは不幸中の幸いだったと思います。

 

保健所の話によると、発症してから10日間は自宅療養。

それは10日経つと感染力がほぼなくなるから。

したがってPCR検査も受けません。

 

ここでPCR検査を受け結果が陽性であれ陰性であれ、もう感染力はなくなっていることが理由です。

そうは言っても私の気持ちとしてはPCR検査で陰性という結果が欲しいのが正直なところ。

 

万が一誰かに移したら・・・と思う気持ちもあります。

 

ここは保健所の方の言葉を信じるしかない。

 

症状が治ってから届いた、パルスオキシメーター

これも保健所の逼迫度合いを現していますね。

 

私が発症したのは8月18日、保健所から連絡が来たのが8月22日。

 

酸素飽和度を計る「パルスオキシメーター」が届いたのが8月24日。

 

その頃にはもう微熱になっていて、症状自体はほとんどなくなっていました。

 

f:id:reborn-change:20210826150051j:plain

クリップチューナーみたい 

 

左の2桁が酸素飽和度(SpO2)の数値。

これが96未満の時は保健所へ連絡しましょう。

93以下は緊急性の高い状況なのですぐに連絡を!!!!

 

右の2桁は脈拍です。

 

一応緊急性の高い症状をまとめておきます。

 

✅パルスオキシメーターのSpO2の値が93%以下である。

✅顔色が明らかに悪い

✅唇が紫色になっている

✅いつもと違う、様子がおかしい

✅息苦しくなった(呼吸数が多くなった)

✅急に息苦しくなった

✅日常生活の中で少し動くと息があがる

✅胸の痛みがある

✅横になれない、座らないと息ができない

✅肩で息をしている・ゼーゼーしている

✅ぼんやりしている

✅もうろうとしている

✅脈がとぶ、脈のリズムが乱れる感じがする

 

少しでも異変を感じたら早めに連絡しましょう。

 

なお、このパルスオキシメーターは返却しなければいけないので、丁寧に扱いましょうね。

 

ちなみに食料などの支援物資ですが、まだ届いていません。

保健所の方、本当にご苦労様です。

 

コロナに感染して感じたこと

孤独と不安

コロナに感染して感じたこと、これは29歳独身一人ぐらしの私が感じたことです。

 

まず感じたのが圧倒的な【孤独と不安】

 

高熱の中、一人でベッドで転がることしかできない。

食事の用意ができない。動けない。

いつ容態が急変するかわからない。

保健所からはなかなか連絡がこない。

もしこのまま眠ってしまうと二度と目覚めないかもしれない。

 

一人で暗い部屋にいると、どうしてもネガティブなことばかり考えてしまいます。

頭では「考えるべきではない」と思っていても、ネガティブな思考が溢れ出てくる。

 

今までの人生は何だったのかとか、今のままで良かったのかなど、頭の中でメンタルがごちゃ混ぜになりました。

 

コロナの最大の敵は、私にとってはメンタル的要素でした。

幸いにも一人暮らしなので、大切な人に移す心配はありません。

 

しかし一人であるが故の孤独と不安は付き纏っていました。

 

全ての周りの人々への感謝 

孤独や不安以上に感じたのが、私の周りに人々の優しさです。

 

家族のみんなは心配してくれて、すぐに食料や飲み物を送ってくれました。

 

これが本当に有り難かった。

 

荷物が届いてウィダーを流し込んだ時、私は本当にボロボロ泣きました。

 

もちろん家族だけではありません。

心配のラインを入れてくれた友達、知り合い、そして彼女。

 

この人たちに私はどう恩返しをしていけばいいのか。

元気になった今ではそのことばかりを考えています。

 

孤独を感じた1週間、でも私の周りの人たちの優しさにも気づけた1週間でした。

 

皆さんも細心の注意を

私が経験したことは以上になります。

 

私から言えることは、「正しい知識を持って正しく恐れてください」ということ。

 

ただの風邪と言われたらただの風邪、しかしただの風邪では感じたことのないストレスに襲われます。

 

皆さんにも大切な人がいますよね?

本当にその人のことを思うなら、しっかり考えて行動を取ってもらいたい。

 

過度に恐れる必要はない、ただ感染したら周りの人へ及ぼす影響も考えなければいけない。

 

そのことを頭の片隅に置いておいてください。

 

新型コロナウイルスは身体よりも心にきます。

 

後遺症について

後遺症について詳しく書いた記事をアップしました。

よろしければご覧ください。

 

www.skechblog.com